活動

良いアウトソーシングパートナーを見つけることがフリーランサーを雇うより良い選択である理由

新型コロナウイルスの蔓延を抑制するために、自己隔離と社会的隔離が強く推奨されています。 これは、リモートフリーランスの仕事の巨大な成長を推進しています。 一部の企業はビジネスに適した専門家を見つけることを期待してフリーランシングプラットフォームに急いでいますが、他の企業はアウトソーシングの助けを借りて自分のチームを雇うことを好みます。

ITサービス業界では、アウトソーシングとアウトスタッフが非常に人気があります。 この記事では、優れたアウトソーシングパートナーを使うことが、フリーランサーを雇うよりもはるかに優れて安全な選択肢である理由を説明することに焦点を当てます。

体系化

ITプロジェクトの場合、組織化は常に成功の鍵です。 この点は、アウトソーシング企業はフリーランサーを完全に優れます。 フリーランサーは通常、たった一人ですが、アウトソーシング企業は、労働者の専任チーム全体です。アウトソーシング企業には、プロジェクトマネージャー、ビジネスアナリスト、開発者のチーム、メンテナンスチーム、保証品質チームが含まれ、AからZまでのすべての作業をカバーできます。

貴社がする必要があるのは、適切な会社に連絡し、彼らと話し合うことだけです。 これにより、特にプロジェクトの希望が大きく、最初に何をすべきか手掛かりがない場合に、多くの時間とエネルギーを節約できます。 フリーランサーが長期的にプロジェクト全体を見積もることを期待しますか、それともコアとなる機能についてアドバイスを提供してもらえますか? 私はそれを疑います。 アウトソーシングチームに出会ったとき、彼らは貴社にとって最良のものを知っています。 彼らはあなたの製品開発のあらゆる段階で貴社を導きます。

アウトソーシング会社では、開発者のチーム全体を雇うことができ、貴社はこのチームを担当します。 彼らは貴社に毎日の仕事を直接報告します。 これは「専用チームサービス」と呼ばれます。 さまざまなフリーランサーと格闘したり、すべての作業を自分で処理したりする必要はありません。

信頼性

フリーランシングプラットフォームの人気が高まっているので、今日では、ニーズに合ったフリーランサーを見つけることは非常に簡単です。 アウトソーシング会社の場合、それは少し正式です。 議論のプロセスを通過し、契約に署名する必要があります。 ただし、この形式はより良いセキュリティと信頼性を保証します。 フリーランサーでは、次の理由により、制御することは困難です。

  • フリーランサーは自由自在です。 彼らを見つけて作業を割り当てるのは簡単ですが、フリーランサーが契約や要件を遵守しない場合に備えて貴社を救う契約はありません。 彼らは個人的な理由のために立ち去るか、他の顧客をほんの一握り持っているなら彼らのクライアント(貴社を含む)を落とすことができます。 
  • フリーランサーが貴社の機密情報やアイデアを盗む可能性があります。 優れたアウトソーシングパートナーと協力する方が安全です。 パートナーシップと協力する前に、機密情報を第三者と共有しないことについての合意とともに、すべての明確な議論が行われます。 
  • フリーランシングプラットフォームは、公開されたすべてのプロファイルを制御することはできません。 すべてのプロファイルが100%信頼できるとは限りません。 一部のフリーランシングプラットフォームには、偽のプロファイルの場合に企業をさらに保護または補償するためのポリシーがありますが、プレミアムアカウントのみを対象としています。  
  • 支払いが完了すると、多くのフリーランサーが突然姿を消し、不完全なプロジェクトが残ります。 

時間

フリーランシングを使用する時、ジョブの投稿に対して、たくさんのオプション、数千のアプリケーション、および候補者の提出が可能になります。 しかし、これがフリーランサーを雇うのに時間がかかる正確な理由です。 選択肢が多いほど、適切な候補者を選ぶことが難しくなります。 そして、すでにすべての不一致を整理して排除したとしても、高評価プロファイルと独自のエクスペリエンスプロファイルのどちらを選択するかという難しい選択に直面します。

適格なアウトソーシングパートナーは、適切な候補者をすぐに見つけるという点で非常に役立ちます。 適切な候補者がいない場合でも、時間を無駄にすることなく直接教えてくれます。

時間に関する別の問題は、締め切りです。 フリーランサーは、同時に多くのクライアントを抱えることができ、時にはそれを処理するには多すぎます。 したがって、彼らが簡単に締め切りに間に合わないことは驚くに値しません。 約束も確実性もありません。 一方、アウトソーシング会社は、問題の処理においてはるかに専門的です。 アウトソーシング会社は緊急事態のためによく準備されています。 たとえば、アウトソーシング企業は、厳しい締め切りに直面しているときに、代替となる十分な人材を確保する可能性が高くなります。

柔軟性

特にプロジェクトがさらに進んで、市場に投入する準備ができているより完全でより優れた製品に活用することを望んでいる場合は、専門のアウトソーシング会社と協力する方がはるかに優れています。

たとえば、概念実証(POC)の成功後、市場に参入するためのライブ製品を開発したいとします。 または、Webアプリケーションエクスペリエンスフレームワーク/コアライブラリの更新、またはWebサイトのアーキテクチャ全体の再設計が必要です。 これらすべての状況では、チームの急拡大が必要です。 最初は2人の開発者が必要でしたが、その後は5人または6人が必要です。

このような状況では、アウトソーシング会社は、利用可能なリソースを使用してチームをスケーリングおよび調整することにはるかに優れています。 貴社のチームに最も適したより多くのメンバーを並べてハンドピックします。 その結果、自分で他の専門家を検索するために時間を無駄にする必要がなくなり、専門家がチームを組むことを期待できます。

コスト

コストの問題で、フリーランサーは魅力的に見えるかもしれません。 ただし、これは小さなプロジェクトでのみ機能する場合があります。 複数の開発フェーズを持つ大規模で長期的なプロジェクトの場合、事前に計画を立ててすべてを管理するチームを持つよりも、フリーランサーを雇う方がコストがかかる可能性があります。

BHSoftでは、不透明料金なしで専門的なアウトソーシングおよびアウトスタッフサービスを提供しています。 我々のプロセスは透過的であり、最初の段階から最後まで、プロジェクトを完全に制御できます。 我々はお客様との長期的な協力を重視しています。 我々とのパートナーシップは持続するように構築されています。

ご興味がありましたら、hello @ bachasoftware.com までメールでお問い合わせください。

Author

admin