サービス

Flutter 2.0で新しくなったこと

Flutterを使うと一つの言語でiOSおよびAndroidに対応したアプリを作成することができます。しかし、3月3日にリリースされたFlutter 2は、さらに驚かれることでしょう。

Flutter2で新しくなったことBHSoftと一緒に見ていきましょう。でも、その前に開発者がFlutterについて何を気に入っているかを確認しましょう。

Flutterの良いところ

Flutterは速い

Flutterの最大の機能の1つは、ホットリロード機能です。 ホットリロードは、コードの変更をDart仮想マシンにロードし、ウィジェットツリーを再構築します。これにより、現在のアプリケーションの状態を維持しながら、変更後のアプリを再起動せず表示できます。

Flutterはオープンソース

Flutterは、何千人のコミュニティがフレームワークを改善しています。

開発時間を短縮し、市場投入までの時間も短縮

上記のホットリロード機能に加えて、Flutterには、すぐに使用できるさまざまなウィジェットがあり、すべて非常にカスタマイズ可能であるため、開発時間を節約できます。

Flutterアプリケーションはマシンコードに直接組み込まれているため、解釈プロセスのパフォーマンスのバグを回避できます。 したがって、アプリを完全にコンパイルして、事前にリリースすることができます。

Flutterには独自のレンダリングエンジンがあり

Flutterを使用すると、開発者は他のプラットフォームよりもはるかに多くのアプリで創造性を発揮できます。 その主な理由の1つは、FlutterがSkiaを使用してプラットフォームが提供するキャンバスにレンダリングするためです。 Skiaを使用すると、UIに組み込まれているFlutterを任意のプラットフォームで起動できるため、開発プロセスを短縮および簡素化できます。

有名企業もFlutterを採用

Flutterは、自動車、テレビ、スマート家電にも統合できます。 MicrosoftやToyotaなど、多くの大手ブランドがFlutterのサポートを拡大しています。

Flutter2について

Flutter 2は、複数のプラットフォーム間でFlutterのパフォーマンスを向上させることを目的としています。 開発者はコードベースを再利用して、iOS、Android、Windows、macOS、Linuxの5つのオペレーティングシステムでネイティブアプリを作成できるようになりました。

Flutter 2は、Chrome、Firefox、Safari、EdgeなどのさまざまなブラウザーでのWebエクスペリエンスの向上も目的としています。

以下はFlutter2の主なアップデート
Webサポートの更新

FlutterのWebサポートにより、既存のモバイルベースのアプリケーションをPWAとしてパッケージ化して、さまざまなデバイスやプラットフォームにアクセスしたり、既存のアプリにWebエクスペリエンスを提供したりできます。

Flutterが最初からサポートしてきた3つのアプリフォーム:

  • プログレッシブウェブアプリ(PWA)

PWAを使用すると、開発者はWebブラウザーのAPIと機能を使用してモバイルアプリケーションを作成し、クロスプラットフォームのWebアプリケーションにネイティブアプリのようなユーザーエクスペリエンスをもたらすことができます。

Flutterは、インストール、オフラインサポート、カスタマイズされたUXなど、PWAをユーザーの環境と統合することをサポートします。

シングルページアプリ(SPA)

Flutterは、豊富なグラフィックとインタラクティブコンテンツを備えたSPAが、より多くのデバイスとプラットフォームのユーザーにリーチするのに役立ます。

  • 既存のFlutterモバイルアプリ

FlutterのWebサポートは、既存のFlutterモバイルアプリにブラウザベースの配信モデルを提供します。開発者はインタラクティブなエクスペリエンスをWebサイトに埋め込むことができます。

Flutter 2は、多くの新機能を備えたWebのより安定したサポートを提供することを目的としています。

  • 新しいCanvasKitを利用したレンダリングエンジンを追加して、パフォーマンスを向上させます。 CanvasKitは、WebAssemblyとWebGLを使用してSkiaペイントコマンドをブラウザーキャンバスにレンダリングすることで、Flutterモバイルおよびデスクトップアプリと完全に整合性があります。
  • テキストの自動入力の追加、アドレスバーのURLとルーティングの制御、PWAマニフェスト、インタラクティブなスクロールバーとキーボードショートカット。
  • デスクトップモードのデフォルトのコンテンツ密度を増やします。
  • Windows、macOS、およびChromeOSのスクリーンリーダーのサポート。

DartはJavaScriptにコンパイルできるため、FlutterによるWebアプリのサポートがさらに強化されます。

iOS機能のアップデート

Flutter 2は、Webサポートの強化に重点を置いていますが、他のプラットフォーム特にiOSのパフォーマンス改善も引き続きやっていくそうです。

開発者は、Xcodeを開かなくても、コマンドラインから直接IPAを構築できるようになりました。 CocoaPodsバージョンは、最新のツールと一致するように更新されました。

また、いくつかのウィジェット、CupertinoSearchTextFieldCupertinoFormSectionCupertinoFormRow、およびCupertinoTextFormFieldRowがCupertinoデザイン言語の実装に追加されました。

iOSは依然として、新機能とパフォーマンスの向上のためにFlutterによって優先されるトッププラットフォームです。

Dartのアップデート

DartはDart2.12に更新され、多くの便利な機能が追加されました。

Dart 2.12は、健全なnullの安全性をサポートしており、開発者がnullエラーやいくつかの通常のバグを回避することが可能にします。

Dart FFI 

Dart FFIは、別言語(主にC言語)で書かれた機能にDartから直接アクセスする事を可能にし、Cライブラリの既存のコードを改善して、移植性とパフォーマンスを向上させることができます。 ネストされた構造体や値による構造体の受け渡しなど、いくつかの新機能も追加されました。

Flutterを使用したモバイルアプリの開発

Flutterは、開発者が長年夢見てきた2つの主要な目標を達成することができました。それは、高性能のクロスプラットフォームモバイルアプリを提供することと、どこでも実行できるコードを作成することです。 Flutterは、最大6つのプラットフォームで同時に実装しています。

BHSOFTでは、どこでも実行できるコードを一度作成することは私たちの主な目標の1つです。 当社は独自のFlutterチームがあり、パートナーの多くはFlutterを使用したアプリの開発にも力を入れています。

当社でFlutterを使用したモバイルアプリの開発を挙げます。

BHSOFTは、Flutterを使用したモバイルアプリの開発に強いバックグラウンドと経験を持つさまざまな開発者との出会いを支援します。 Flutterを使用してクライアント用のモバイルアプリを開発したプロジェクトを見てみましょう。

このプロジェクトでは、クライアントが暗号通貨を追跡および管理するためのモバイルアプリケーションを構築するのを支援しました。 このアプリを使用すると、ユーザーは暗号通貨ポートフォリオ(売買取引、取引所など)を追跡し、ビットコインとコインの価格を追跡し、ポートフォリオを共有し、投資を監視するために暗号価格と市場データを追跡できます。

Flutterは、モバイルアプリの開発を非常にサポートしました。アプリをより早くリリースし、エラーをチェックするプロセスを簡素化することができました。

詳細な情報またはご相談したい事がございましたら [email protected] までご連絡くださいませ !


Author

Tiep Thi Tuyet Mai