ベクタータイルについて

2D GIS(地理情報システム)の世界では、ベクトルタイルはマッピングの重要な概念です。 この記事では、ベクトルタイルの一般的な定義と、なぜ次世代のタイルマップになる理由を紹介します。

ベクタータイルの概要

皆にラスタータイルの概念が一般です。 ラスタータイルは、マップが固定された地理的領域と縮尺を持って、隣り合って配置された一連の正方形の画像で示されます。

 

Vector tiles break data into squares
ベクタータイルは、正方形のタイルに分割されたベクター形式のパックされた地理データの形式でWeb上に転送されます。

 

                                                                              

ラスタータイルと比べのベクタータイルの強み

ベクタータイルは、地理データを小さなチャンクで保存し、ブラウザーまたは他のクライアントアプリケーションに配信します。 これにより、ユーザーは最小のリソースでその場でデータを直接に再スタイルできます。ベクタータイルは、地理データを小さなチャンクで保存し、ブラウザーまたはその他のクライアントアプリケーションに配信します。

Vector tiles break data into chunks
ベクタータイルは、地理データを小さなチャンクで保存し、ブラウザーまたは他のクライアントアプリケーションに配信

 

これはよりわかりやすくなるように、例を見てみましょう。

公園塗装に使用される緑を変更したい場合、 ラスタータイルを使用すると、公園を含むすべてのタイルを再構築する必要ですが、 ベクタータイルを使用すると、スタイリングガイドを1か所で更新するだけで、タイルは同じままにします。

ベクトルタイル使用の最も優れた利点の詳細なリスト:

  • データサイズが小さいため、データ転送が速くなり、帯域幅の消費量が少なくなる

たとえば、マップを含むアプリを実装する場合、GeoJSONのような多くの巨大なファイルを操作しないといけない場合があります。ファイルは大きすぎて処理できない場合もあります。そのとき、ベクタータイルが役立ちます。 geoJSONの巨大なファイルをMapboxサービスにアップロードして、サイズがより小さくて処理しやすい、高解像度と効率的なキャッシュを提供するベクタータイルに変換できます。

  • ユーザーエクスペリエンスの向上
    • クライアントは、サーバーではなく、マップを直接レンダリングでる
    • 前定義済みのスタイルにより、小さなテキストファイルで簡単にカスタマイズできます。 ユーザーは、マップの 表示、マップフォント、マップラベルの言語、およびマップ要素をオンザフライで直接表示/非表示にするオプションを決定でる
    • クライアントは、実際のフィーチャ情報(属性とジオメトリ)にアクセスできるため、非常に高度な詳細を表示でる
    • 非常にスムーズなズーム
    • 高速生成時間
    • デスクトップとモバイルの両方に対応
  • 多くのオープンソースJavaScriptライブラリでサポート:

この記事がベクタータイルについての理解を深めるのに役立つことを願っています。 現在BHSoftでは、作業にベクトルタイルを適用するアプローチに非常に快哉しており、すでに多くのプロジェクトで試してきました。Open Layers、Google Map API、Leaflet、およびMapboxを使用した数多くの経験があります。 BHSoftは、すべてのサービスにより良い力を供給するために、技術に非常によく投資しています。 私たちは常に新しいプロジェクトや機会を受け入れています。

BHSoftの最新情報やプロジェクトはこちらでご覧ください。