テクノート 活動

React Native vs Flutter

Flutter&React Nativeとは?

Flutter(フラッター)とReactNative(リアクトネイティブ)は、開発者が単一のコードベースからクロスプラットフォームアプリを構築するのに役立つオープンソースのモバイルUIフレームワークです。 React Nativeは2015年にFacebook社がリリースされました。それ以来、React Nativeは、大きなサポートコミュニティで大きな評判を得ています。 Flutterは2017年からGoogleによってリリースされたツールで、それ以来採用率が上昇しています。 そこで今回は、BHSoftがこれら2つの最も人気のあるクロスプラットフォームモバイル開発フレームワークを比較してみます。

言語

React NativeはJavaScriptで開発をします。JavaScriptのコードを書ければAndroidとiOSの両方で開発が可能になるため、魅力的なフレームワークだといえます。一方、FlutterはDartという言語で開発をします。 Dartは多くの方にとって、少々聞き慣れない言語かもしれませんし、Javascriptに比べると習得の難易度は高いとされています。ですので、市場においてDartの開発者に比べてJavaScriptの開発者の方を見つけるのも容易なのです。

パフォーマンス

Flutterの方がパフォーマンスが優れていると言う人もいれば、FlutterはReact Nativeに勝てないと言う人もいるため、これは依然として物議を醸しています。

多くの開発者コミュニティによると、タスクに大量のCPUとメモリが必要な場合は、Flutterの方が適しています。 先に開発されたテクノロジーであるにもかかわらず、React Nativeには、そのドキュメントに詳細に説明されているように、 JS/native bridgeに起因する固有のパフォーマンスの問題があります。詳細な比較については、この記事を確認してください。Dart は、構文がよく似ているJavaやC#を習得している人にとってはとっつきやすいと思います。そこで、BHSoftでは、AndroidとJava開発者の強力なチームがすでに存在し、Android開発者をFlutter開発に異動させることが可能です。

2つの巨大ハイテク企業に支えられ

Facebookは2015年にReactNativeをリリースし、日々投資を継続しています。 React Nativeは、MicrosoftCallstackExpoInfinite RedSoftwareMansionなどの多くの有名企業によってサポートされています。 多くのFacebook製品はReactNativeでコーディングされています。 FacebookはReactNativeに深く関わっており、React Nativeのプロモーションに成功し、時を経て人気を博しています。 Flutterは、業界のもう1つの大きなプレーヤーであるGoogleによって支援されています。 Googleはまた、Flutterをトップのクロスプラットフォームアプリ構築ソリューションに変革することを目指しており、それは明確に機能しています。 Googleトレンドによると、2020年に新しく手を出すならば、将来性のあるFlutterで、Flutterはクロスプラットフォームモバイルアプリを開発するための2番目に主要な言語になり、ReactNativeがそれに続きます。

コードの再利用

React NativeとFlutterはどちらも、開発者が複数のプラットフォームで記述されたコードを使用できるようにします。 ただし、コードの100%を再利用できるわけではありません。 Flutterを使用すると、開発者はさまざまなプラットフォームに合わせてコードのセクションを簡単に上書きおよび編集できます。 一方、React Nativeでは、コードの再利用は制限付きでのみ許可されています。 再利用できるのは特定のコンポーネントのみで、残りはプラットフォーム毎に特別に作成する必要があります。

ユーザーインターフェース

React NativeはネイティブUIコンポーネントを使用しており、個別のコンポーネントまたはライブラリを使用してUIを構築できます。 ライブラリは継続的に更新され、コンポーネントは非常に動的な開発の体得に役立ちます。

Flutterは、コンポーネントに似たウィジェットを使用しており、ReactまたはAngularコンポーネントに既に精通している人にとってはとても簡単に追いつくことができます。 Flutterには、React Nativeのコンポーネント(40)よりもはるかに多くのウィジェット(156)があります。 しかしながら、React Nativeは、何千もの成功したアプリケーションで非常に動的であることから開発者コミュニティから信頼されていることが既に証明済みであるため、量はそれほど重要ではありません。

ドキュメンテーション

Googleは、Flutterの適用範囲をモバイル領域だけでなく、他の領域に拡げようとしていますが、ReactNativeがずっと長い間その地位を確立してきたことは否定できません。 したがって、React Nativeには、はるかに大きなサポートコミュニティ、より詳細なドキュメント、そしてもちろんより高い安定性と成熟度を有します。

Flutterはまた、Business Logic ComponentまたはBLoc、Redux / Flux、RxMarblesなどの最新のアーキテクチャを使用して、完全かつ十分なドキュメントをユーザーに提供する上で非常に優れた仕事をしました。 Flutterは、他のフレームワークを最大限に活用して、独自の最新フレームワークを形成する術を知っています。

BHSoftは、ReactNative開発者とFlutter開発者の双方からなる強力な開発チームを有しています。 私たちのチームは主に顧客向けのモバイル製品の作成を目指しています。 JavaScript、Java、Dart、Android-Kotlinのいずれであっても、すべて対応いたします。アプリ開発を検討している方は、ぜひ hello@bachasoftware.com までお問い合わせください。

Author

Tiep Thi Tuyet Mai