公開時期:
2020年7月14日
カテゴリー:
GIS - マップ - ロケーション・Webアプリ

ダッシュボード画面

基本的な情報

このケーススタディでは、BHSoftは、お客様が自然災害を予測して対処するためのSNSシステムを構築することを支援します。

クライアント

  • クライアントは製造業に製造ソリューションを提供する日本企業です。 特に、CADに基づくさまざまな自動設計システムの開発、建設・土木分野の構造解析および統合システムの開発、環境評価シミュレーションおよびGIS資産管理ソリューションの提供を行っています。

    クライアントはBHSoftとの協力を継続する予定があります。

クライアントのビジネスニーズ

  • このプロジェクトでは、BHSoftはクライアントがSNS(ソーシャルネットワークサービス)データ分析システムを構築して、ソーシャルメディアチャネルから提供されたデータに基づいて自然災害の発生を予測、準備、予知するのを支援します。 この場合、Twitterが選択されたソーシャルメディアチャネルです。

プロジェクトの特徴

BHSoftは、地理情報システム(GIS)において長年の経験を持っています。 今回は、自然災害の情報を監視・評価するための地理空間情報システムを構築します。 この情報はダッシュボード画面に表示されます。

SNSシステムは事前定義されたキーワードを監視し、すべての重要な統計をダッシュボードにリストします。 キーワードは、すべての関連情報とともに自然災害の名称となります。

主な特徴

ダッシュボードメニュー

SNSシステムのダッシュボード画面

ダッシュボードから、ユーザーはデータキーワードの状況の概要を確認できます。 具体的には、

  • 最も検索されたキーワードのリストを表示するキーワードランキング
  • 最近1時間以内に最も検索されたキーワードのリストを表示するキーワードチャート
  • 検索されたキーワードの位置と詳細情報(検索の時間と場所、誰が検索したか、それらの検索に含まれる情報)を示すマップ

ダッシュボード画面

Tweet 検索画面

Tweet 検索画面では、ユーザーはTwitterからのデータを取得することでキーワードの状況を直接監視することが可能となります。 ユーザーは、日付と時刻を選択するオプションがあり、[キーワード]フィールドにキーワードを入力して、どの災害状況を追跡するかを選択します。 ユーザーが複数のキーワードを検索する場合は、セミコロンを使用してキーワードを区切ることができます。 「除外」フィールドを使用すると、ユーザーは興味のないキーワードを除外できます。さらに、ユーザーはマップを表示したい言語とTweet 情報を選択することもできます。必要な情報をすべて入力すると、ユーザーは表示できるようになります 検索したキーワードのTweet 情報:誰がTweet したか、Tweet の時間と場所、Tweet 内の詳細情報を表示できます。

ユーザーは、データをCSV形式でエクスポートすることもできます。

Tweet 検索画面:地図

Tweet 検索画面:Tweet 詳細

統計的画面

Tweet検索と類似して、ここではユーザーが日付と時刻、検索するキーワード、除外キーワードと言語オプションを選択できます。

この画面から、ユーザーはどのキーワードが最初にランキングされているか、記録された回数、およびその割合を表示できます。

ユーザーは、出力を一覧表示し、グラフを作成して、データをCSV形式でエクスポートすることもできます。

統計画面:ランク

統計画面:グラフ

キーワード管理画面

メンテナンスメニュー

この画面は、管理ユーザーのみが使用することができます。 一般ユーザーでは、この機能は無効になります。 この機能を使用すると、管理ユーザーはキーワード、キーワードの関連する言葉、除外キーワードを管理できます。

キーワード管理画面

この画面では、管理ユーザーがすべてキーワードを管理および監視することができます。 管理者ユーザーは、新しいキーワードを作成したり、追加したキーワードとそのキーワードの関連言葉を編集または削除したりすることもできます。 定義されたキーワードは、キーワードリストに表示されます。

キーワードリストには、定義されているすべてのキーワードがリストされます。 管理ユーザーは、[履歴]チェックボックスを使用して、(ダッシュボード画面の)履歴グラフで監視するキーワードを決定できます。 管理ユーザーは、編集ボタンをクリックしてキーワードを変更することもできます。

キーワード除外画面

次はキーワード除外管理画面です。 この画面では、管理ユーザーはすべての除外キーワードを管理することができます。 つまり、管理ユーザーは新しいキーワードを作成し、追加した除外キーワードを編集または削除できます。 定義された除外キーワードは、除外キーワードリストに表示されます。

キーワード除外リストには、定義されたすべての除外キーワードがリストされます。 管理ユーザーは、編集ボタンをクリックして除外キーワードも変更できます。

キーワード除外画面

ユーザー管理画面

この画面は、管理ユーザーのみが使用することができます。 一般ユーザーでは、この機能は無効になります。この機能を使用すると、管理ユーザーは、一般ユーザーを管理することができます。新しいユーザーを作成したり、ユーザーリストで一人または複数のユーザーを編集および削除したりすることができます。

ユーザー管理画面

この画面では、管理ユーザーはすべてのユーザーを管理することができます。 説明すると、管理ユーザーは新しいユーザーを作成したり、追加したユーザーを編集または削除したりすることができます。 ユーザーリストには、定義されているすべてのユーザーが一覧表示されます。 管理ユーザーは、編集ボタンをクリックしてユーザーを変更することもできます。

新しいユーザーを追加

ユーザーの編集

チャレンジ

Twitterデータは大きすぎて過負荷になり、システムの速度が低下してしまいます。

ソリューション

BHSoftにはGISのオペレーションについて長年の経験があるため、すぐに解決策を見出しました。 ビッグデータ分析を利用してTwitterデータを最適化し、プロジェクト全体がスムーズに進み、システムがシームレスに実行されるようにしました。

利用したテクノロジー

  • Angular 8 for front-end part of the system
  • Node.JS 10.x for back-end part of the system. Application server runs on Node.JS 10.x
  • A web server using Nginx to serve Frontend Application
  • Nginx as a web server and proxy
  • MariaDB to store system data (user, keywords and settings)
  • MongoDB to store Twitter data
  • Use Open Layer to display Geolocation data
  • Use base map data from Open Street Map

コミュニケーション手法

  • Skypeを介してコミュニケーションします
  • BHSoftのメンバーはお客様のオフィスでオンサイトサービスを提供しました

開発を利用した方法

  • Agile・Scrum

プロジェクトサイズ

4 MMS

期間

4か月で、2019年7月から10月まで