公開時期:
2020年7月14日
カテゴリー:
GIS - マップ - ロケーション・Webアプリ

クライアント

クライアントは、フィンランドのテクノロジー企業であり、Webネイティブ管理プラットフォームの構築を提案し、道路管理システム(RMS)、橋梁管理システム(BMS)、予測保全計画、社会経済調査ツールなどです。

クライアントのビジネスニーズ

  • クライアントは、道路と橋の管理システムを構築したいと考えています。 このシステムは、データの視覚化とレポート作成、および保守計画と分析プロセスに使用されます。

    クライアントは、道路や橋の情報を表示するためのマップシステムを構築するのと同様にWebアプリケーションに最適なUIを構築するために、BHSoftのサポートを認められています。

プロジェクト

  • BHSoftのチームは、道路と橋の管理システムのデータとメンテナンス作業を視覚化して報告するレスポンシブWebアプリケーションを開発し、テストして立ち上げました。このサイトでは、道路地図(Open Layersを使用)とともに、道路状況(道路の長さ、道路の数、交通状況、平均IRIなど)が特徴です。このサイトには、ユーザーが使用可能なすべての機能を監視および体験するためのナビゲート可能なメニューがあります。

    Angular 7を使用して、UI全体の開発を行います。 Open Layersにより、マップとマップレイヤーを視覚化して表示し、マップデータとの相互作用を向上させます。

    システム内で、ユーザーはビューをスムーズにナビゲートし、マップ上のリストから任意の道路を選択し、[分析]を押すだけで、選択した道路の経済性の分析を確認できます。

    すべての道路関連データをシームレスに表示および監視できます。ユーザーは、道路の主要なパフォーマンスインジケーター、すなわち、国際ラフネス指数(IRI)と舗装面の状態も確認できます。

    ユーザーは、さまざまな種類のレポート、道路レポート、IRIレポート、交通レポート、道路価値レポートなどを表示することもできます。

    視覚化された道路の位置、道路の状態、交通および道路のメンテナンスを直接Webプラットフォーム上で行うことにより、意思決定者は、メンテナンスのプランを作成し、エリアの位置とエリアの資産価値を確認することもできます。

画面を撮影

 

 

チャレンジ

時差の問題とクライアントの要求は継続的に変化を行いました。

ソリューション

  • BHSoftのクライアントは九割グローバルな顧客ですので、仕事をする際は時間管理の経験が豊富です。年中無休24時間体制のチームが常にカスタマーサービスに対応しています。
  • BHSoftは常に、プロジェクトの開始前にクライアントの要求を明確にするよう努力しますが、変化する要求や新しい要請が発生した場合でも柔軟に対応できます。

使用されたテクノロジー

  • Angular 7を使用しUIを構築
  • OpenLayersとChart.jsを使用しマップを構築

コミュニケーション手法

  • Skypeとメールを介してコミュニケーションを取りました。

開発に使用した方法論

  • Agile・Scrum

プロジェクト規模

  • 1人の開発者

プロジェクト期間

  • 3 MM以上(2018年6月〜2018年8月)。現在でもメンテナンスを続けています。

BHSoftの他のポートフォリオをこちらで確認してください: https://bachasoftware.com/portfolio/