公開時期:
2020年7月14日
カテゴリー:
ビジネスアプリ・GIS – マップ – ロケーション

施設アクセス管理システム

ビジネスニーズ

お客様のオーダーは施設アクセス管理システムであり、いくつのカスタマイズされたプロジェクトとともに生産開発のフルバックで管理アクセスし、要件は次の通りです。

  • 木、パイプ、ライン、公園、車・ポート、駐車場、緑地などの都市の地表の公共インフラストラクチャオブジェクト・施設・アクセスのための完全かつ豊富な管理機能を開発します。
  • 管理ユーザーは、サーフェス内のすべてのアイテムをインポート、入力、編集し、新しい土地を切り取り・描画できます。また、管理ユーザーはさまざまな種類の使用状況レポートを作成することもできます。
  • エンドユーザーは、マップ内でリアルタイムに検索、表示、およびナビゲートができます。ユーザーは、オブジェクトの情報とパラメーターの表示、レンタルのリクエスト、注文、支払い、関連する問題の報告を行うこともできます。
  • システムは、他のシステムと統合し、BIMを使用してデータを都市マップに表示し、3D 都市モデルで表示できるように必要があります。

チャレンジ

  • いくつかの挑戦があり:

    • 建設現場での長期計画とともにプロジェクトの定義を理解する
    • アップグレードプロセスの複雑さ、特にマップガイドからオープンレイヤーへの切り替え。 このプロジェクトでは、2つの異なる開発環境を確立する必要がある

ソリューション

  • 透明な作業プロセスを確立する(当事者間の明確な役割と責任)
  • 効果的なツールとプロジェクト管理プロセスをセットアップして維持する(すべての関係者がTrello、Git、Jira、メール、Skypeを介してやり取りする)
  • 作業標準は、お客様の要件に基づく
  • すべての当事者は、最も効果的なコミュニケーション方法についてコンセンサスを取る必要がある

利用したテクノロジー

  • バックエンド・サーバー側:

MS .NET WinForms & WebForm、ASP.Net、 C#、IIS、Rest API

Geo server、Open layer 3、Open street map、Tomcat

  • フロントエンドとUI:

JavaScript、JQuery、AngularJS、Bootstrap 3 & モバイル対応

  • データベース:Oracle 11、PostgreSQL、PostGIS

期間

5年間で、2018年で完成しました。

プロジェクトサイズ

50+ 人月

BHSoft のチームは4人の開発者を取り込んで、2013年7月から2018年までプロジェクトを実装しました。アジャイル・スクラム手法がプロジェクトに適用されました。また、チームはTrelloボードを介してお客様と対話し、プロジェクト開発を管理および追跡しました。

詳細については、[email protected] までお問い合わせください。