公開時期:
2020年7月14日
カテゴリー:
BIM & 3D可視化・Webアプリ

Three.JSとReactJSを使用した3D仮想化

お客様:

お客様は日本からであり、ネットワークを通りてBHSoftを知りになりました。お客様はBHSoftのパートナーを通じて当社にコンタクトしてきました。BHSoftは、日本の優良顧客があり、その関係を維持し、日本市場の潜在顧客をもっと拡大する傾向です。

お客様のビジネスニーズ:

お客様は、建築モデルの大きなファイル(revit .rvt)を変換し、ブラウザで2Dおよび3Dデータを正しくレンダリングする必要があります。

BIM – Forgeビジネスニーズを備えた3D仮想化:

プロジェクトは、3D MAX Studioで作成されたモデルを変換するWebアプリケーションを実行します。これにより、エンドユーザーはWebブラウザーでモデルを仮想化できます。 プロジェクトは簡単ですが、最も難しいのは、Autodesk Forge APIで翻訳する方法を見つけることです。

特に、BHSoftのチームは、お客様がAutodesk Forgeサービスを使って顧客ファイル(ファイルrevit .rvt)を翻訳することを支援しました。 チームは、2Dバージョンが3Dバージョンと一致するように、建物モデルの部屋と床に色を割り当てる必要がありました。

Model Derivative APIを使用してrevitファイルを変換した後、Autodesk Forgeビューアは、変換されたデータをブラウザ内で2Dおよび3Dモデルデータにレンダリングできます。
私たちのタスクは、レンダリング時にデータを抽出および補間して、各フロア・部屋の色を正しくレンダリングすることです。

チャレンジ:

  • 当時、Autodesk Forgeドキュメントは現在のように十分ではありませんでした。
  • APIの変更により、重大な変更が発生しました。
  • チームは、データ構造について合意に達するために、お客様と継続的に話し合う必要がありました。

ソリューション:

BHSoftは、プロジェクト開発プロセス中の障害に対処するための高い専門性と優れた経験を持っています。 BHSoftのチームは非常に柔軟で、問題が発生したときはいつでもお客様の問題について話し合い、解決する用意がありました。 したがって、プロジェクトの納期と製品のパフォーマンスには影響を与えませんでした。

使用されたテクノロジー:

  • データプロセス: Autodesk Forge APIs
  • バックエンド・サーバー側: Node JS、Express
  • フロントエンド と UI: JavaScript、Three JS、HTML5、CSS3、React JS、Bootstrap 3

Contact https://bachasoftware.com

LinkIn https://www.linkedin.com/company/bac-ha-software/