Introduction to Web real-time communication (WebRTC)

WebRTC – web real-time 通信は、魅力的で強力な最先端テクノロジーです。 プラグインは無料で、デスクトップブラウザとモバイルブラウザで使用でき、主要な最新のブラウザでサポートされています。 BHSoftの新しいブログ投稿で、WebRTCについて一緒に調べてみましょう。

 WebRTCとは?

WebRTC – Webリアルタイム通信の略で、無料のオープンソースプロジェクトであり、シンプルなアプリケーションプログラミングインターフェイスを介して、Webブラウザとモバイルアプリケーションにリアルタイムのピアツーピア通信を提供します。

 WebRTCの歴史

WebRTCのアイデアは、2009年からGoogleハングアウトを担当したエンジニアのグループによって開発されました。 当時、仮想的に接続してWebでビデオ会議やコミュニケーションを行うために、人々はFlashを使用していました。 Flashは非常に人気がありましたが、Googleのエンジニアはそれを使い続けたくはありませんでした。 彼らは彼ら自身の新しい技術を構築したかったからです。

2010年まで、GoogleはVPコーデックシリーズを開発したビデオコーデック企業であるOn2を買収しました。 GoogleはOn2のすべてのアセットをオープンソース化しました。 同時に、GoogleはGIPS(Global IP Solutions)も買収しました。 GoogleがOn2とGIPSの両方を取得した理由は、リアルタイムデータ転送テクノロジーを取得したいと考え、WebRTCの標準に取り組み始めたからです。

2011年5月、Googleは、ブラウザベースのブラウザ間のリアルタイム通信用のオープンソースプロジェクトを正式にリリースしました。このプロジェクトはWebRTCと名付けられました。この間、W3CはWebRTCの最初のドラフトも公開しました。それ以来、Googleやその他のWebブラウザー市場の主要企業は、WebRTCへの優れたサポートを示しています。 2017年11月、WebRTCバージョン1.0は、W3Cによって完成された正式な機能です。 WebRTCの次のバージョンはまだ議論中です。

WebRTCの便利な機能

オープンソースで無料

WebRTCは、標準ベースのリアルタイムのオーディオおよびビデオ通信を提供します。これは無料で、すべての一般的なブラウザーで使用できます。 開発者は、追加の商用プラグインやツールを使用せずに、WebRTCを商用とプライベートの両方で利用できます。 さらに、テクノロジー自体はまだ進化していて未来的であるため、すべての開発者がWebRTCを愛していることは否定できません。

使いやすさと柔軟性

WebRTCは、2つのブラウザ間で直接ピアツーピア通信を行うための簡単なソリューションを提供します。追加の作業や追加のインストールは必要ありません。 ユーザーは、カメラやマイクなどのメディアデバイスを完全に制御し、高度なビデオ通話、画面共有へのアクセス、ピアの発見、ピア接続のオープン、ストリーミングの開始を簡単に行うことができます。

高度な安全性

WebRTCは、送信プロセス全体を通じてデータが保護されることを保証します。 すべてのWebRTCコンポーネントは、常時オンの音声およびビデオ暗号化などの暗号化された形式のままです。 また、WebRTCが追加のプラグインを必要としないという事実により、WebRTCはより安全になり、マルウェアやハッカーの攻撃を受けやすくなります。

複数のブラウザとモバイルデバイスでのサポート

ChromeとFirefoxがWebRTCをサポートする最も強力な2つのブラウザであることは間違いありません。

OperaはWebRTCをサポートしていますが、画面共有は許可していません。

Safariは、simulcastを含むWebRTCと、VP8H.264の両方もサポートしています。 ただし、すべてのwebRTC機能がSafariで機能するわけではありません。

AndroidとiOSはどちらもWebRTCをサポートしていますが、それでもiOSは扱いにくいです。 SafaryのみがiOSでWebRTCをサポートし、他のブラウザーはサポートしません。

IEにはWebRTCに関して多くの制限があるため、IEを除外しましょう。

WebRTCの構造

WebRTC structure

WebRTCの構造は極めてシンプルです。 それは単に、サーバーシグナリングを介して相互に接続するクライアントの組み合わせです。

WebRTCのコンポーネントは次を含みます。

  • getUserMedia: ユーザーのカメラとマイクにアクセス
  • peerConnection: 画像と音声データの送受信
  • dataChannels: ブラウザ・アプリケーション間で他のデータを送受信

WebRTCがどのように使用されているか?

WebRTCは、追加のプラグインやアカウントレジスタを必要とせずに、ブラウザで直接ピアツーピア接続およびビデオ通話を行う場合に最も便利です。

Skype for Web、Facebookメッセンジャーもこの目的でWebRTCを使用してます。

WebRTCは、ビデオゲームの作成にも使用できます。グラフィックデザインに特化したWebGLと組み合わせるだけで、ゲームメーカー達は比較的に優れたゲームを作成できてます。

BHSoftでは、WebRTCを利用して、ピアツーピア接続プラットフォームをブラウザ上で作成します。 インターネット接続があれば、1対1通話でもグループ通話でも、音声通話とビデオ通話が可能です。 自由かつ即座にメッセージを送信したり、友達と会話したりできます。 画面共有も可能です。 すべてのプロセスは、業界標準のエンドツーエンド暗号化により100%安全です。

BHSoftは、高速で便利かつ頻繁な対話が必要な学校環境へのソリューション提供を目的としています。 また、同僚間の内部コミュニケーションや組織内の会議ミーティングに独自のイントラネットソリューションを必要としている企業や会社に本ソリューションを提供することも目指しています。

弊社のソリューションにご興味がありましたら、是非とも hello@bachasoftware.com へご連絡ください。