.NET Coreに関する興味深い事実

1. .NET Core はオープンソース

 

Open Source

 

.NET Coreは、.NETチームとオープンソースコミュニティの専任メンバーによって作成された.NET Foundationの一部です。

特に、.NET Coreは、10,000人近くの開発者の協力と支援によって作成と保守されています。 彼らはプルリクエストと問題の作成、設計、UX、パフォーマンスに関するフィードバックの提供などに貢献します。

2. .NET Core は柔軟な展開を提供

Flexible Deployment

 

.NET Coreは、ユーザーに2つのインストールオプションを提供します。アプリケーションの一部としてインストール。別のインストールとしてインストール。 さらに、ユーザーはフレームワーク依存展開(FDD)にアクセスできるため、展開パッケージが小さくなり、デバイスでのメモリとディスク領域の使用を最小限に抑えることができます。

3. .NET Core はクロスプラットフォーム

cross-platform

 

.NET Coreは、Windows、mac OS、さらにLinuxを含むクロスプラットフォームで実行されます。 この柔軟性により、.NET Coreはより多くのフィードバックを実現し、幅広いプログラマーから使用できます。

 

4. .NET Coreはアジャイル開発ツール

 

Agile development tool

 

.NET CoreのAPIは.NET Frameworkよりも少なくなっています。 プラットフォームの簡素化されたアジャイルデザインを維持するために、.NET Frameworkの一部のサブシステムのみを実装します。

 

NuGet

 

NuGet.についても言いたいです。Microsoft がサポートする .NET (.NET Core を含む) のコード共有メカニズムである NuGet では、.NET 用のパッケージを作成、ホスト、使用する方法が定義されており、それらの各ロール用のツールが提供されています。

5. .NET Core とコマンドラインツール

 

.NET Core

 

マイクロソフトは、.NET Coreのコマンドラインツールは「すべての製品シナリオがコマンドラインで実行できる」ことを意味すると述べています。 .NET Coreコマンドラインインターフェイス(CLI)は、.NETアプリケーションを開発するためのクロスプラットフォームツールチェーンです。 ツールチェーンを理解したら、サポートされているどのプラットフォームでも同じように使用できます。

 

BHSoftでは、.NET Coreも興味深いです。 以下のリンクで.NETプロジェクトをもっとご参考ください:https://bachasoftware.com/portfolio/