BHSoftがAWSを利用してサーバーレスウェブアプリケーションを構築する方法

BHSoftは様々なサービスを提供している中で、クラウドソリューションは定評しています。この記事で、BHSoftがAWSをどのように活用して、フィンランドのクライアントが場所に基づいて建設マシンを管理および作動できるようにするウェブアプリケーションを構築することを詳しく説明します。

一般に、Webアプリケーションはいくつかのデバイスから情報を取得します。様々な建設現場でで稼働している掘削機、ホイールローダー、サーフェイスドリル、ドーザーなどの建設マシンと統合されています。デバイスの主なタスクは、全ての重要な情報(操作状況、操作結果、マシンの場所)とともにログポイントをWebプラットフォームにアップロードすることです。各デバイスは別のIDを利用しプロジェクトに参加、プロジェクトデータ(プロジェクトの計画、作業指示など)と同期します。

BHSoftはクライアントがウェブプラットフォームの構築をサポートしました。AWSのフルサービスを使用して、ウェブアプリケーションのバックエンド部分とAPIを管理しました。又は、AWS Code Commitを使用してコードを保存し、AWS Code Build を使用してコードを構築およびデプロイし、AWS Code Pipe を使用して開発フェーズを自動化し、機能・アップデートのリリースをより適切かつ迅速に行いました。

以下はBHSoftがこのプロジェクトで使用したAWSサービスの完全のリストとこの特定のケースでそれらがどうのように、そしてなぜ役立つのかを説明します。

Diagram shows list of AWS services BHSoft uses to build customer’s web application

 

1.  Amazon S3

Angular 8を使用してフロントエンド部分を作成し、Amazon S3でホストしました。基本的に、Amazon S3を構成して、クライアントのウェブアプリケーションの静的リソースをホストしました。S3バケットで静的ウェブサイトホスティング機能を使用することにより、数百万のユーザーを処理できる優れたスケーラビリティを備えた非常に低コストでクライアントの静的ウェブサイトをホストしました。

 2. Amazon Cognito

Amazon Cognitoを使用してユーザーアカウントを管理し、ユーザーを認証しました。ユーザーは新しいアカウントを登録し、メールアドレスを確認してサイトにログインすることができます。 Amazon Cognitoは、バックエンドAPIを保護するためのユーザー管理および認証機能を提供します。 Amazon Cognitoは、テストやゲストログインにも便利です。

3. AWS Lambda

Java とAWS Lambdaを使用してREST APIを構築し、RESTAPIの各のエンドポイントはAWS Lambdaにデプロイされる個別のサーバーレスを関数します。Lambdaを使用することでアイドル状態のサーバー時間を支払う必要がなくなりました。それにより請求コストを削減し、プロジェクトのコストも削減できます。

4. Amazon API gateway

Amazon API Gatewayは完全マネージド型サービスで、どんな規模のシステムであっても簡単にAPIの作成、配布、保守、監視、保護が行えます。API Gateway(APIゲートウェイ)を追加して、リクエストをLambdaクラスターにルーティングしました。 API Gatewayは、セキュリティも実装し、例えば、クライアントがリクエストの実行を許可されていることを確認できます。この方法は認証と承認の制御によりAPIへのアクセスを保護するのに非常有効です。

クラウドソリューションを使用するパートナーが必要場合は hello@bachasoftware.com

までにご連絡ください。