サービス 技術

採用管理システム(ATS)導入のメリット

採用管理システムは採用応募者の受付から面接、採用の決定までの業務を一元管理できるシステムです。この記事は、ATSへの投資を検討している人を直接対象として、ATSの導入による主なメリットを紹介します。導入する理由は以下に挙げられます。

 
採用管理システム(ATS)のメリット
1. コミュニケーションの改善

採用管理システム(ATS)は、採用チーム内および採用プロセスに関与する部門内のコミュニケーションを改善します。各メンバーは、候補者に関するメッセージを簡単に送信し、情報を交換し、プラットフォーム上でタスクを割り当てることができます。

2. スピーディーな採用を実現

選考状況や進捗管理の共有は、人材紹介会社や応募者へのフィードバックも早めます。選考スピードの速さは、応募者や人材紹介会社にとっても大きなメリットになります。すべての応募者の履歴を明確に表示し、誰もがアクセスできる意思決定を行うことができます。 チーム全体は、メンバーのコメント、評価、および申請者とのコミュニケーションを表示することもできます。ほとんどの場合、ATSシステムは候補者に関連するすべてのデータを追跡し、募集している位置を確認ができ、情報の抜け漏れ防止につなげられます。

3. 便利な統合

このシステムは、LinkedIn、Indeed、CareerBuilderやGlassdoorなど、他の採用プラットフォームとも統合されているため、ジョブを簡単に投稿したり、すべての求人掲示板から応募書・履歴書を管理したり、求人広告をリンクしてより多くの応募を取得したりできます。人材プールと応募者情報を簡単に管理できるだけでなく、Facebook、InstagramやTwitterなどのソーシャルメディアチャネルで応募者情報にアクセスできます。

4. 時間節約とコストを削減

採用管理システム(ATS)を利用すると採用活動を自動化し、最適化します。このソフトウェアを利用することで、企業が適切なスキルと資格を持つ応募者をはるかに見つけ、応募者の情報や採用の進捗などが整理されるため、対応の抜け漏れ防止につなげられます。また、応募者への対応がスピーディーになることで、内定まで円滑に進み、結果的に採用活動にかかる費用が軽減できます。

すべての応募者の進捗状況が一元管理され、手作業による情報管理の漏れを予防することができます。ATSシステムは、応募者データの管理・集計やデータ分析、募集職類ごとの応募進捗管理、メールの自動送信など、採用管理システムは多彩な機能を備えて、応募者の査定時間を割くこともでき、より意欲的な採用戦略が実現できます。更にコスト削減やミスの防止にもつながります。

5. 採用情報を共有しやすい

採用に関するさまざまな業務をまとめるだけでなく、一つのシステム上で一元管理できるため情報を共有可能、さまざまなソーシャルメディアチャネルで共有できます。 異なるチャネルでさまざまなアカウントを設定する必要はありません。 システムダッシュボードで数回クリックするだけで、採用チームは複数の求人掲示板(LinkedIn、Google Jobs、Career Builder、Indeed、Glassdoorなど)に求人情報をオンラインで投稿できます。

システムからのレポートと分析は、求人広告・求人の進捗状況と成功の効率も通知します。

6. オールインワン管理アプリケーション

ATSを使用することで1箇所に情報が自然と集約されていくため、改めて手動でまとめ直す必要もなく、全体の状況も把握しやすくなります。アプリ間の移動、候補者ステータスの更新、フィルタリングと比較、特定の候補者の検索することもできます。

7. 採用企業へのリーチの拡大

ATSは多くのオンラインアプリケーションよりもはるかに便利で使いやすいため、より多くの潜在的で資格のある求職者を採用プールに引き付けます。

プロセスを自動化することにより、ATSは最適な候補者を選別すると同時に、仕事の要件に適合しない可能性のある候補者を自動的に排除します。

BHSoftは、お客様が印象的な採用管理システム(ATS)とクラウドベースの採用ソフトウェアを構築することを支援します。 今日の厳しいビジネス環境において、人材の採用と管理を競争上の優位性とすることに全力を注いでいます。独自のアルゴリズムを使用して、候補者が受けた性格テストによって取得するスキルと能力に基づいて、候補者を職種に自動的に一致させてランク付けできるシステムを構築します。 デモをリクエストする場合は、hello @ bachasoftware.com までにご連絡ください。

Author

admin