Autodesk Forge DevelopmentAutodesk Forge Development

Autodeskは、建設、設計、エンジニアリング構築、製造に取り組む開発者向けの新しいクラウドベースのプラットフォームであるフォージを認定された。 これにより、Autodesk Forge開発を行う新しい機会が生み出し、新たな活用方法を提供します。

ForgeプラットフォームにはAutodeskクラウドベースの製品または独自のテクノロジーで使用できるWebサービスコンポーネント(API)の拡張コレクションを提供します。3D視覚化データから、3Dモデルのシミュレーション、3Dメディア印刷までを含まれています。

Forgeについて、以下の2点に考慮します。

  1. Autodesk BIM 360: 簡単に説明すると、ファイルをアップロード、共有、維持、ダウンロードできるプロジェクトチーム内の設計図のコンテナです。追加人をプロジェクトに参加させることもでき、更に最新の建設図面、ドキュメント、モデルなどを使用して、チームを軌道することができます。
  2. Forge API: これは多数なWebサービスであり、Autodesk BIM 360、プロジェクト、ファイルなどにアクセスできます。Forge APIの短いリスト・作業により、Webサービスを呼び出して次の作業を行うことができます。

関連する情報:

https://autodesk-forge.github.io/ で公式のWebベースのビューアツールをご確認ください。

Projects on Autodesk Forge – Our experience

当社は、フィンランドと日本を拠点とするクライアント向けのForgeプロジェクト開発に取り組んでいます。 建物内の各フロアを切り離すために、Autodesk BIM 360 DocumentsとForge APIを使用して、2Dおよび3D RevitとIFCモデルに基づくサーバーアプリケーションとWebアプリケーションをカスタマイズし、実装しました。 Three.jsを使用して部屋の境界を計算する新しい関数を開発します。UIは、適用する配色を選択(インポート・エクスポート)して、すべての部屋の色を塗りつぶすすることができます。 また、最大40のモデルを1つにロードして、ビューアですべて同時に表示することもできます。

The Forge APIs we have worked with:

  • Authentication (OAuth)
  • Data Management API
  • Model Derivative API
  • Cloud / Server store and Web Viewer

The Forge Viewer APIs we have worked with:

  • Loading models to viewer
  • Node selection
  • Getting selected nodes
  • Changing colors of nodes

 

Benefits – Forge

  • Viewer: Webおよびモバイルプレゼンテーション用の60を超えるファイル形式の2D および3D設計ファイルを表示するトールです。
  • Design Automation API: 数千のAutoCAD (DWG)ファイルが自動的にPDFファイルに交換され、クラウドで実行されるツールです。
  • Model Derivative API:ある形式から他のデザインファイルに交換し、ビューアを使ったオンライン表示の準備、他のアプリで使用するためにジオメトリデータを抽出する事ができます。
  • Data Management API: データは様々なAutodesk製品で管理されます。
  • Authentication:このツールは、開発者アプリへのアクセスと操作をユーザー認証および許可を得るための安全な方法です。