Webのエンジニアリングモデル用のThree.js とWebGLによる3D可視化

Three.jsライブラリは単一のJavaScriptファイルで、 Three.jsによる3D可視化は、ローカルまたはリモートのコピーにリンクすることにより、Webページ内に納まります。 プラグインしないでWebブラウザーに表示するために、複雑な3Dの可視化開発に役立ちます。 これは、WebGLを使用して、独自のブラウザープラグインを使用せずにWebGLの一部にすることで可能とします。 エフェクト、シーン、カメラ、ライト、空、object3D、ビジュアライゼーション、マテリアル、メッシュ、シェードなどの機能が含まれています。

Three.jsのプロジェクト-Three.JSライブラリでの経験

ドリルの3D可視化ビューア

フィンランドのクライアントは、Three.JSとSVG、WebGL、Canvas / HTML5 / CSSを適用して、多数のドリルをアンダーグランドにて可視化しました。 プロジェクトでは、穴の端とドリルの仕組みを示すモジュールを備えた管理システム全体を開発しました。 また、穴あけ作業の前後で穴の表面を再設定することができました。 このモジュールは、3Dモデルとやりとりするための様々なユーザーフレンドリー機能を提供しました。 ユーザーは、モデルにズームイン/ズームアウト、パン、回転、選択/ピックなどができます。

Three.JSを使用したコンテナーのデモ

Three.js開発のメリット

  • 革新的でインタラクティブなWebページ開発のための素晴らしいアイデアであること
  • 後処理、マルチパスレンダリング、遅延レンダリングなどの複数の高度なレンダリングコントロール
  • THREExなどのオープンソースと拡張機能

Three.js/WebGL Development Service

  • WebGLとThree.jsを応用したWebブラウザーの3Dモデル
  • WebGL / HTML5 / CSSを使用した3D Webアプリケーション
  • モデルの可視化およびシーン作成アプリケーション
  • Three.jsを使用したVRアプリケーション

詳細については  hello@bachasoftware.com までにお問い合わせください。

Three.jsの詳細については、https://threejs.org/ をご覧ください。